Kanza Soft 学習教材集 by Flash(ActionScript) or HTML5 & JavaScript & CSS3

コミュニケーション


ソフト画像 ソフト名 ソフトの使い方
NEW サポートブック作成支援ソフトVer5ダウンロード版 サポートブック作成ソフトの使い方個人IDを半角英字で入力した後、右矢印ボタンでページ移動します。ページ毎に入力し、左下のセーブボタンを押します。各ページ毎に、マウスの右ボタンを押して、プリントを選びます。 詳細設定で、用紙サイズを葉書に設定し、印刷します。ユーザーのローカルディスクにデータは保存されます。
コミュニケーションスケジュール作成支援ソフト 時計付きのタイムスケジュール作成支援ソフトです。何時何分に何をするか、どこへ行くのかデジカメ写真で視覚的に提示できます。写真は1280×960ピクセルが最適です。pct1、pct2と付け替えて同じフォルダに入れるだけで使えます。使い方はコミュニケーションブック作成支援ソフトと同じですが、時計がついたものと思ってください。
コミュニケーションブック作成支援ソフト RENEW はがき大の紙にシンボルを載せて印刷できます。シンボルは任意の大きさに拡大・縮小・回転できます。シンボルブックを作成するのに使います。印刷方法を簡単にしました。
買い物コミュニケーションブック作成支援ソフトRENEW 六種類の硬貨を必要なだけ、はがき大の大きさの紙に載せて印刷できます。お金は拡大・縮小。回転できます。印刷方法を簡単にしました。
外部Jpeg対応コミュニケーションブック作成支援ソフト【ダウンロード】 デジタルカメラからのJpeg写真をはがき大のコミュニケーションブックに並べて印刷できるようになっています。あらかじめデジカメの写真を192×144ピクセルの大きさにして、名前をpct1、、、pct30と名前を付け、このソフトと同じフォルダに入れておくことが必要です。自動的に写真を30枚まで読み込めます。ダウンロードしてお使い下さい。自動解凍ZIP圧縮になっています。
外部Jpeg対応買い物コミュニケーションブック作成支援ソフト【ダウンロード】 これもデジタルカメラからのJpeg写真を取り込んで、お金とあわせて印刷できるようになっています。つまり、ある商品を買わせたいときに、その商品の写真と、その金額をコミュニケーションブックに印刷して利用するときに使います。方法は上記のソフトと同じで、あらかじめ硬貨のイラストが入っているかいないかの違いです。ダウンロードして使ってください。自動解凍ZIP圧縮になっています。
コミュニケーションブック食べ物編【ダウンロード】 外部Jpeg対応コミュニケーションブックを利用した食べ物の写真編です。使い方の例としてお試し下さい。自動解凍のZIP圧縮になっています。
サポートブック作成支援ソフト サポートブック作成ソフトの使い方個人IDを半角英字で入力した後、右矢印ボタンでページ移動します。ページ毎に入力し、左下のセーブボタンを押します。各ページ毎に、マウスの右ボタンを押して、プリントを選びます。 詳細設定で、用紙サイズを葉書に設定し、印刷します。ユーザーのローカルディスクにデータは保存されます。
ダウンロード形式 NEW デジカメ写真対応コミュニケーションブック作成支援ソフト このソフトは自動解凍付きZIP圧縮されています。このフォルダー内にデジカメの写真(JPEGイメージ)を入れます。サイズは1280×960もしくは1600×1200が最適です。写真の名前を、pct1,pct2,pct3・・・と付け替えます。 写真はjpegファイルです。30枚まで対応します。この下準備ができた後、swfファイルを立ち上げてください。【swfファイルの種類】葉書大8枚:Com_Deji8.swf 葉書大12枚:Com_deji12.swf 写真L版12枚:Com_deji12L.swf 写真は矢印キーで順番に見られます。写真をクリックすると左側にドラッグ可能な写真が現れます。その写真をドラッグして並べていきます。大きさは拡大、縮小のアイコンのところに重ねることで変えられます。コメントを枠の中に書くことができます。 印刷ボタンを押すと、自動的に葉書もしくは写真L版の大きさに印刷されます。
ダウンロード形式 NEW デジカメ・コイン・シンボル対応コミュニケーションブック作成支援ソフト  2004.11.1UP 自動解凍付きZIP圧縮されています。ダウンロードしてお使いください。フォルダー内に使いたいデジカメ写真(JPEG)を入れて名前を、pct1,pct2,と連番をつけてください。写真のサイズは1286×960もしくは1600×1200が最適です。40枚まで対応しています。それ以上の場合は、フォルダーごとコピーして、別にすればよいでしょう。コインやシンボルも入っていますので必要に応じてお使いください。用紙の大きさも葉書大と写真L判から選べます。大きさや回転もできます。コメント枠に文字を入れられます。印刷ボタンで自動的に指定した大きさに印刷できます。
  NEW 校内表示用ピクトグラム作成支援ソフト 校内の特別教室の表示ピクトグラムです。印刷ボタンでA4紙に印刷できます。テキストは変更可能です。学校の実情に応じて書き換えて下さい。
  NEW 校内表示用矢印付きピクトグラム作成支援ソフト 校内の特別教室を案内するピクトグラムを並べ、矢印で方向を示します。一つ一つのピクトグラムにテキストを挿入できます。12センチ角の紙に印刷できるようになっています。
シンボルカード構文漢字編 シンボルカード構文漢字編 シンボルカード構文の漢字バージョンです。音声言語を持たない自閉症の子ども向けのシンボルカードを3~4個つないで出して、コミュニケーションする方法を教えるために開発した。動画と音声言葉とをヒントにしてある。出演や音声は本校の講師の先生方。
どうさともじのまっちんぐ 動作と文字のマッチング 音声言語はあるが、はっきり聞き取れない言葉で話すため、コミュニケーションが取りにくい子どもの授業に使っています。ひらかなで書かれた文字が多少読めるため、「こんな場合は、この文字カードを使って意思を伝える」ことができるように開発した学習ソフトです。
練習用おしゃべり黒板 キーボード対応のトーキングエイドの練習用です。サンプル文を先生が入力し、それにあわせて生徒が入力します。正しく入力できたか確認ボタンもあります。
おしゃべり黒板 ダウンロード(exe版)NEW キーボード対応のトーキングエイドです。一文字ずつキーボードから入力すると、発音してくれます。おしゃべりボタンを押すとまとめてしゃべってくれます。入力された文は印刷できます。ご要望によりEXE版をダウンロードできるようにしました。
タブステップ式おしゃべり黒板 タブキー対応のトーキングエイドです。タブキーを押すことでカーソルが動きます。エンターキーで入力できます。
可変オートスキャン式おしゃべり黒板 【ダウンロード】 三段階の速さが選択できるオートスキャンタイプのトーキングエイドです。エンターキーで入力できます。自動解凍ZIPになっていますので、ダウンロードしてお使い下さい。
シンボル黒板 図形シンボルの理解を図るためのソフトです。シンボルのボタンを押すと、シンボルカードが黒板に張り出され、その読みとことばが出力されます。
シンボルカード 3語~4語文 音声言語を持たない自閉症の子ども向けのシンボルカードを3~4個つないで出して、コミュニケーションする方法を教えるために開発した。動画と音声言葉とをヒントにしてある。出演や音声は本校の講師の先生方。

ページの先頭へ戻る