Kanza Soft 学習教材集
by Flash(ActionScript) or HTML5 & JavaScript & CSS3

目盛り(めもり)


ソフト画像 ソフト名 ソフトの使い方
時間と時刻 時間と時刻(針を動かそう) 「○時○分です。針を○分すすめると、なん時なん分になるでしょう」の文章題に答えます。タイトルで5分ずつ、10分ずつ、15分ずつの問題の出し方を選びます。ヒントボタンで針を動かせます。
ものさし(長さ) ものさしで長さをはかろう(長さ) 「数学☆☆☆☆」の68~72ページを教材化したものです。えんぴつをものさしではかります。数字ボックスから数字を選び、かくにんボタンを押します。
重さ(なんグラムあるでしょう) 重さ(なんグラムあるでしょう) 文部科学省著作教科書数学☆☆☆☆の80~83ページを参考に作りました。台ばかりノ目盛りがなんグラムであるかを答えます。もんだいボタンを押すと、左の台ばかりが変化します。数字ボックスから答えを入力し、かくにんボタンを押します。
温度計の温度はなん度でしょう 温度計の温度はなん度でしょう 文部科学省著作教科書数学☆☆☆☆の88~90ページを参考に作りました。温度計の温度がなん度であるかを答えます。もんだいボタンを押すと、左の温度計が変化します。数字ボックスから答えを入力し、かくにんボタンを押します。
時計ドリル 時計ドリル アナログ時計の時間の読みのマッチングです。1問あたり10題あり、全部で100題あります。1時間毎、30分毎、10分毎、5分毎、というように易しいものから並べてありますので、実態把握にも使えます。時計にロールオーバーすると拡大し、ボタンを押すと時と分のヒントが表示されます。
時計の針合わせ 時計の針合わせ 1時間毎、30分毎、10分毎、1分毎の4タイプの出題が選択できます。問題ボタンを押すと、「○時○分に合わせて下さい」の問題文が出ます。操作盤のボタンを押して時計の針を合わせ、答え合わせのボタンを押します。合っていれば○、間違っていれば×が出ます。ちなみに正解の時計が出るようになっています。
時計盤 時計盤(アナログ・デジタル) 時計盤をリニューアルしました。時と分いずれも進めたり、戻したりできます。デジタル時計も付けましたが、学習上ヒントとしてon、offできるようにしました。使い方としては、「何時何分に合わせて」と先生が課題を与え、操作盤で時刻を合わせる。デジタル時計で合っているか確認をします。分のヒントや、時のヒントもオンオフできます。
台ばかり

台秤の学習

 

台秤の目盛りの読み方を学習します。右ボタンで拡大して見せると効果的です。
時刻の学習

時刻の学習

24時間時計の読み方を学習します。時針のヒントや分針のヒントを利用すると効果的です。
物差しの学習

ものさしの学習

ものさしの目盛りの読み方を学習します。右ボタンで拡大してみせると効果的です。
時計の学習

時計の学習

時計の針の読み方を学習します。ヒントボタンを利用したり、何時何分にあわせて、と操作させると効果的です。
時計盤 時計盤 教材用の時計盤として利用すると効果的です。

ページの先頭へ戻る